睡眠学研究レポート

枕の正しい選び方を教えてください。

最適の枕は人それぞれ異なるので、オーダーメイドをおすすめします。選ぶときには、3つのポイントがあります。

 

①枕の高さが合っていること

枕の高さは、首のカーブ(頸椎弧)の深さや体型によって異なります。首のカーブが深い方や体格のよい方は高めの枕が合うことが多く、首のカーブが浅い方や華奢な方は低めの枕が合う傾向にあります。

qa_1124

 

②頭をきちんと支える構造になっていること

枕の基本的な役割は、マットレスや敷き布団と身体の間の隙間を埋め、立っているときと同じ姿勢を自然に保つことができるようにすることです。

そのためには、枕の中身が寝ている間に偏ってしまったり、型崩れしてしまったりするようでは枕の役割を果たせません。

頭のおさまりがよいか、安定感があるか、また左右に寝返りをうっても頭をきちんと支えてくれているか、確認をしましょう。

 

③好みの素材であること

羽根、ポリエステル綿、絹わた、低反発ウレタン、そば殻、パイプ(ポリエチレン)など、さまざまな素材があります。

大切なのは自分がリラックスできる素材かどうか、また季節や汗かきや暑がりなど体質に合っているかどうかも大切なポイントです。

複数の素材を試してみて、好みのものを選びましょう。

監修

快眠ナビゲーター・睡眠改善インストラクター

塚島 早紀子

2006年、睡眠を記録できるサイト「ねむログ」を立ち上げ。睡眠に関わる美と健康についてTwitter、Facebook他、さまざまなメディアで情報を発信し、働き女子が楽しく取り入れられる快眠レシピを日々研究中。睡眠に関する記事を執筆するほか、講演なども積極的に行っている。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

布団のお手入れ

ベッドよりもメンテナンスは念入りに布団のお手入れは、晴れた日の天日干しが基本。布団はベッドに比べて湿気を放出し…

車や飛行機などの移動中寝るときには、ネックピローを使ったほうがいいですか。

頭をきちんと固定し、船をこぐのをふせぐためにも使ったほうがいいでしょう。 頭が前に倒れにくい、360…

ストレートネックなのですが、どんな枕がいいですか。

しっかりと頭を固定できる、薄めの枕がおすすめです。 首に何らかの問題がある方は、低反発ウレタンや、羽…