睡眠学研究レポート

すっきり起きられる昼寝の時間は?

長すぎる昼寝は逆効果です。

 

1回の昼寝は15〜20分間が最適。それより長いと、起きても頭がぼーっとしてしまい逆効果に。

また、寝る前にカフェインをとっておくと目覚めがスッキリします。コーヒーならカップ1杯くらいが目安です。

それでもぼんやりするようなら、窓際に行ったり外を散歩したりして、光を浴びたり、ガムを噛んだり、炭酸飲料を飲んだりと、脳を刺激してみてください。

監修

快眠ナビゲーター・睡眠改善インストラクター

塚島 早紀子

2006年、睡眠を記録できるサイト「ねむログ」を立ち上げ。睡眠に関わる美と健康についてTwitter、Facebook他、さまざまなメディアで情報を発信し、働き女子が楽しく取り入れられる快眠レシピを日々研究中。睡眠に関する記事を執筆するほか、講演なども積極的に行っている。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

昼寝(パワーナップ)で業務効率アップ!|正しい昼寝の方法

昼寝には睡眠不足をカバーし、仕事の作業効率をアップさせてくれる効果があります。しかし、昼寝といってもただ眠れば…

4時間睡眠でも効率的な仮眠でフォロー|眠りのプロの睡眠習慣vol.2

「睡眠メディアの編集スタッフなら、きっとこだわりを持った眠り方をしているはず」という読者の声を受けて、フミナー…

最適な時間は? 正しい昼寝のとり方まとめ

 昼寝のとり方ってどうすればいいの? そんな気になる疑問に専門家が答えます。 >&g…

睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開するメディア