睡眠学研究レポート

昼寝は仕事の効率を上げるのに効果的と聞きますが、正しいとり方は?

全身の力を抜き、リラックスしましょう。

 

人間の眠気は深夜2時と14時ごろにピークをむかえます。その時間の前に昼寝をするのが効果的。16時を過ぎてしまうと、夜の睡眠に影響が出て眠れなくなります。

昼寝をするときは極力締め付けをなくすと質の向上が見込めます。

男性ならネクタイを外し、女性なら髪をほどいて、さらに腕時計や靴などもできるだけ外しましょう。アイマスクをし、椅子にもたれてだらんと脱力して寝るのがおすすめ。

 

オフィスではうつ伏せになって寝ることが多いと思いますが、ブランケットなどをかぶり真っ暗にするとよいですよ。うつ伏せで寝やすい昼寝用の枕もあるので、活用してみてください。

監修

快眠ナビゲーター・睡眠改善インストラクター

塚島 早紀子

2006年、睡眠を記録できるサイト「ねむログ」を立ち上げ。睡眠に関わる美と健康についてTwitter、Facebook他、さまざまなメディアで情報を発信し、働き女子が楽しく取り入れられる快眠レシピを日々研究中。睡眠に関する記事を執筆するほか、講演なども積極的に行っている。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

夕食後の睡魔でいつも眠ってしまう|何が原因?病気?

翡翠さんは、お母さまの夕寝をご心配されているのですね。お母さまの朝は早いですか?体力が減ってくると、夕方から就…

学校生活の限られた時間の中で、眠気が襲ってこない睡眠方法は?

新高校生活頑張っていますね。授業に、部活に家庭学習にと急な生活リズムの変化に疲れていませんか? もし…

睡眠改善のために眠る時間をずらして際に感じる眠気に耐えるには?

ハチとく~のおとーさんさん、ご質問ありがとうございます。就寝時間を遅くするための、夜の過ごし方についてですが、…

睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開するメディア