睡眠学研究レポート

朝なかなか起きられないのですが、すっきりと目覚める方法はありますか?

光を利用して目覚めましょう。

 

朝、太陽の光を浴びることで身体が目覚めます。

2㎝ほどカーテンを開けておくと、朝日が入ってきて自然に目が覚めるでしょう。

曇りや雨の日は日光が弱くなるので、光で起こしてくれる目覚まし時計がおすすめ。

市販品もありますが、タイマー式のコンセントと電気スタンドを活用すれば、簡単に作れます。起きたい時刻にタイマーをセットしておくと、強い光で目覚めさせてくれますよ。

 

五感を刺激するのもおすすめです。起きたらまず足を布団から出して外気に触れさせ、そのままゴロゴロと何回か寝返りを。

また、音楽やラジオ、テレビなどの音を聞いたり、朝食をよく噛んで食べたりすることで脳が刺激され、目が覚めます。

朝食をとれない場合はガムでもOK。スマホやPCなども脳への刺激になるので、寝起きに使うのがおすすめです。

監修

快眠ナビゲーター・睡眠改善インストラクター

塚島 早紀子

2006年、睡眠を記録できるサイト「ねむログ」を立ち上げ。睡眠に関わる美と健康についてTwitter、Facebook他、さまざまなメディアで情報を発信し、働き女子が楽しく取り入れられる快眠レシピを日々研究中。睡眠に関する記事を執筆するほか、講演なども積極的に行っている。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠課題を抱える方をはじめ、よりよい睡眠で活動中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。

休日に寝だめ、リズムが崩れて寝不足に|規則正しく生活するには?

ゆまさん、休日はたくさん眠るものの、かえって体内時計のバランスが崩れて疲れが解消せず、その疲れを翌週に持ちこし…

バイトで就寝時間が変わる|朝起きれず、日中眠いを解消したい

みんさん、気持ちよく目覚めて、朝からスッキリ元気に活動したいお気持ちよく分かります。寝起き改善には、毎日の起床…

平日6時間、休日10時間睡眠|居眠り・起こされても起きられない

みんみさんは、授業中寝てしまう毎日を変えたいのですね。まずは、生活習慣を変える必要がありそうです。私たちが行っ…