睡眠学研究レポート

朝なかなか起きられないのですが、すっきりと目覚める方法はありますか?

光を利用して目覚めましょう。

 

朝、太陽の光を浴びることで身体が目覚めます。

2㎝ほどカーテンを開けておくと、朝日が入ってきて自然に目が覚めるでしょう。

曇りや雨の日は日光が弱くなるので、光で起こしてくれる目覚まし時計がおすすめ。

市販品もありますが、タイマー式のコンセントと電気スタンドを活用すれば、簡単に作れます。起きたい時刻にタイマーをセットしておくと、強い光で目覚めさせてくれますよ。

 

五感を刺激するのもおすすめです。起きたらまず足を布団から出して外気に触れさせ、そのままゴロゴロと何回か寝返りを。

また、音楽やラジオ、テレビなどの音を聞いたり、朝食をよく噛んで食べたりすることで脳が刺激され、目が覚めます。

朝食をとれない場合はガムでもOK。スマホやPCなども脳への刺激になるので、寝起きに使うのがおすすめです。

監修

快眠ナビゲーター・睡眠改善インストラクター

塚島 早紀子

2006年、睡眠を記録できるサイト「ねむログ」を立ち上げ。睡眠に関わる美と健康についてTwitter、Facebook他、さまざまなメディアで情報を発信し、働き女子が楽しく取り入れられる快眠レシピを日々研究中。睡眠に関する記事を執筆するほか、講演なども積極的に行っている。

睡眠学研究レポート

Sleep Stylesは、睡眠に悩む全てのビジネスパーソンへ向けて、睡眠をテーマとした睡眠学研究レポートを公開しています。よりよい睡眠で日中のパフォーマンスを上げたい方々に向け、良い睡眠習慣への改善を総合的にサポートしてまいります。

定時に起きて、通勤するのが苦痛|睡眠薬を飲まないと眠れない

決まった時間に起きて出社するのはつらいですよね。「仕事があるから起きなくてはいけない!」という負荷はとてもスト…

ノンカフェインでも眠気を解消できるドリンクレシピ4選

眠気覚ましの定番ドリンクといえば「コーヒー」。寝不足の日や食後など、強い眠気を感じるときに愛飲しているという人…

ダラダラ生活で遅寝・二度寝が多い|ショートスリーパーになりたい

おむちゃんさん、夜にやりたいことをやっているといつの間にか時間が過ぎてこんな時間!ということもありますよね。し…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN