睡眠学研究レポート

カテゴリ:時差ボケ

時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法

時差ボケの症状海外旅行で8割以上の人に起こるといわれる時差ボケ。時差ボケとは、ジェット機などの速い乗り物を使っ…

SleepStylesロゴ

朝、なかなか起きられません。特に休み明けの月曜日、眠気が強すぎて仕事になりません。

体内時計によって制御されている寝起きのタイミングと、生活スケジュールで決められた実際の寝起きのタイミングのずれ…

SleepStylesロゴ

時差ぼけはなぜ起こるのですか? 原因と対策まとめ

 「時差ぼけってなぜ起きるの?」「時差ぼけになりやすい人はいるの?」「機内でできる時差ぼけ対策は?」…

SleepStylesロゴ

機内でできる時差ぼけ対策は?

機内では現地の時刻を意識して行動しましょう。 機内で無計画に眠るのはNG。まず、飛行機に搭乗したら時…

SleepStylesロゴ

出発前にできる時差ぼけ対策は?

出発前に生活時間を調整しましょう。出発地に合わせていた生物時計と到着地の時間とのずれを小さくすることで、時差ぼ…

SleepStylesロゴ

時差ぼけになってしまったら、ホテルでじっとしているほうがよいのでしょうか。

現地の人と同じようにアクティブに活動しましょう。 じっとしているよりは、積極的に外に出て運動した方が…

SleepStylesロゴ

時差ぼけの主な症状は?

睡眠障害、消化器官系の不調などがあります。 ヒトの睡眠は体温の変化と密接に関わっており、夜間に体温が…

SleepStylesロゴ

時差ぼけになりやすい人はいますか?

高齢な人ほど、時差ぼけになりやすくなります。 高齢者を対象とした研究では、西方飛行時には、時差ぼけの…

アメリカ方面とヨーロッパ方面で時差ぼけ症状にちがいはありますか?

時差が大きい地域への旅行ほど、時差ぼけ症状の解消に長い期間を要します。しかし、同じ時差でも、生物時計を調整する…

SleepStylesロゴ

時差ぼけの解消法を教えてください。

適切な時間に光を浴びること、食事の時間を工夫すること、そして運動することです。 時差ぼけで多い症状は…

時差ぼけはなぜ起こるのでしょうか? 原因を教えてください。

時差症候群(いわゆる時差ぼけ)は、出発地の外部環境(24時間周期の昼夜変化)に合わせていた生物時計と到着地の外…

SleepStylesロゴ

海外旅行後、寝つき悪く、動悸や胸の痛み、首のハリも|枕がNG?

寝つきが悪く、寝ている途中に目が覚めてしまうことがあるのですね。時差ぼけの解消には、身体のリズムを外部環境に合…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN