睡眠学研究レポート

カテゴリ:入浴・シャワー

SleepStylesロゴ

少量の寝酒であれば、問題ないですか?

寝酒はおすすめできません。 寝酒を睡眠薬の代わりにする人もいますが、微量のアルコールは脳を興奮させ、…

SleepStylesロゴ

朝よりも、寝る前にお風呂に入った方がよいと聞きます。その理由を教えてください。

お風呂に入ることで、深部体温が下がりやすくなり、寝つきがよくなります。ぐっすりと眠るためには、「深部体温を下げ…

質のよい睡眠につながる、お風呂の入り方を教えてください。

 眠る前にお風呂に入ると、寝つきがよくなる…という話は、誰もが聞いたことがあると思います。しかし、ど…

ヒートショックの症状と原因、入浴時の事故予防対策とは

 寒くてなかなか眠れない冬は、眠る前に温かいお風呂に入るのが気持ちいいですよね。不眠に悩むフミナーズ…

SleepStylesロゴ

すっきりと目覚めるための、朝シャワーのコツを教えてください。

夜よりも熱めのお湯で、身体に朝であることを教えてあげるのがコツ。 朝シャワーの目的は、「体温を上げる…

SleepStylesロゴ

シャワーで睡眠の質UP!最適なシャワー温度とリラックスのコツ

よく眠れる身体になるようにしっかり全身を温めることを意識しましょう。 シャワーだけで済ませる場合は、…

SleepStylesロゴ

すぐに寝たいので、湯船に浸からずシャワーで済ませてもよいですか?

問題ありませんが、冷え性の人にはお風呂を推奨します。 体質による部分も大きいので、お風呂とシャワー、…

SleepStylesロゴ

夜、お風呂ではなく、シャワーで済ませたいのですが…

 忙しくてお風呂に入る時間がない…そんなときにシャワーで汗を流している方も多いはず。でも寝る前にシャ…

SleepStylesロゴ

お風呂上がりに飲むものは、どんなものを選ぶとよいですか?

内臓を冷やさない白湯がおすすめです。お風呂上がりの給水は、入浴時に汗をかいて失われた水分を補うと同時に、睡眠時…

SleepStylesロゴ

冷え性でなかなか眠れません。よい入浴法はありますか?

低体温症の改善を見込めるHSP入浴法を試してみましょう。 冷え性や疲れやすい体質の人には「HSP(ヒ…

SleepStylesロゴ

睡眠効果UPの入浴方法とは?温度や時間、タイミングは?

ぬるめのお湯に15分くらい、全身浴でゆっくりと浸かりましょう。 お湯の温度は、夏は38〜40℃、冬は…

SleepStylesロゴ

お風呂に入ると寝る時刻が遅くなるので、お風呂は朝派なのですが…。

就寝前の入浴はとても大切です。時間がない場合は、ぜひ手浴&足浴を。 入浴は、深部体温が下がりやすい状…

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN