SAS 検診サービス

SAS 検診サービス

企業における
SAS対策支援を実施

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、眠っている間に呼吸が止まる病気。そのスクリーニングとして、病院でも使用されている医療機器を使用し、ご自宅で一晩、スクリーニング検査を行います。

症状が疑われた場合の精密検査や、治療ができる施設の紹介など、企業におけるSAS対策支援を実施します。

SAS 検診サービスの流れ

step1

SAS (睡眠時無呼吸症候群) のリスクを顕在化

従業員の睡眠に関する 課題やリスクを、 スリープチェック*1を用いて可視化します。 SAS(睡眠時無呼吸症候群)以外の睡眠課題やメンタルリスク、 ストレスリスクなども分析。

*1ご予算に応じてご提案いたします。

企業向け集団分析レポート

企業向け集団分析レポート

step2

自宅でSAS (睡眠時無呼吸症候群) 検査

ご自宅でSAS ( 睡眠時無呼吸症候群 )の、スクリーニング検査を手軽に行うことができます。 医療機器を使用することにより、実際の呼吸、いびき、脈拍、血中の酸素飽和度を測定します。

専用のコールセンターを完備していますので、万が一検査においてご不明な点が出た場合はお気軽にご相談いただけます。

検査機器は直接ご自宅に送付することも可能です(オプション)。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査
step3

充実のアフターフォロー

スクリーニング検査で睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われた場合、近隣エリアにある、精密検査と治療ができる施設をご紹介します。全国対応可能です。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気のこと。英語では「Sleep Apnea Syndrome」と言い、頭文字をとってSAS(サス)とも呼ばれます。

電車やバスの事故原因が運転手の睡眠時無呼吸症候群だった、というニュースが記憶にある方もいるはず。眠っている間に呼吸が止まる症状は本人には自覚しづらいことに加え、気づかぬうちに身体に負担がかかり、日中の生活に悪影響を及ぼすことにこの病気の怖さがあります。

関連記事 : 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?症状と原因、治療方法|放っておくと高まるリスク

睡眠力向上サービス

眠り方改革による睡眠力の向上で、従業員の業務パフォーマンス向上を支援
Sleep Styles が提供する、睡眠力向上サービス

睡眠力向上プログラム

睡眠力向上プログラム

睡眠力向上プログラム

従業員の睡眠課題に合わせた睡眠アドバイスを行いながら、生活習慣の改善、定着を目指した8週間のプログラムです。

スリープチェック

スリープチェック

スリープチェック

従業員がどのような睡眠習慣を送っているのか、どのような睡眠課題を抱えてているのかを調査します。また、そうした睡眠状態がメンタルや健康、パフォーマンスへどのように影響しているか分析し、可視化します。

睡眠力向上セミナー

睡眠力向上セミナー

睡眠力向上セミナー

所属の睡眠改善インストラクターが講師として、オンラインや現地に赴いてセミナーを行います。ご要望に合わせたプログラムで、従業員の睡眠力を向上を支援します。

睡眠に関するご相談

Sleep Styles は、睡眠力でビジネスを加速するソリューションをご提案致します。
オンラインでのお打ち合わせも可能です。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
TEIJIN
お問い合わせ
資料請求
TEIJIN